新おじょうたま日記  コーギー大好き人集まれ!! マロンと胡桃

コーギだけどちょっと変わった長毛(フラッフィー)犬です。仕事柄忙しい私を癒してくれるワンコです。バイク、車、ワンコといった私の個人情報を下記のサイトでも公開中です。 http://www.fluffy-corgi.com/  楽天ブログより引っ越してきました。過去の楽天ブログは、http://plaza.rakuten.co.jp/marronclub/です。 

Take a look at this

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

6/20はマロンの命日です。早いな。

  19, 2017 22:59

DSC_2068



6/20はマロンの命日です。4年が過ぎました。生きていたら14才だね。いつまでも家の子です。
今でも毎日、マロンの話はしてます。比べられちゃう胡桃はちょっとかわいそうかな(笑)


毎年、5月来るとマロンの闘病を思い出し、心がざわつきます。そして6/19日、20日は、その当時のことを
思い出します。


マロンのことは覚えているんだけど、日々日々、記憶が薄れていく。。。。少し悲しいです。
今年は余計にマロンのことが思いだされ、泣きました。4年も経つのにね。。。

IMG_7461


当時のことを思い出しました。

マロンが亡くなる前日、食事を食べなかった為、病院に行き薬を点滴で入れました。

帰宅後、夕方までゆっくりして、少し那須の美味しいお肉とアイスクリームを少しだけ食べました。

病気になってからいつ、脾臓が破裂するかわから状態だったので、毎晩一緒に寝ていました。
一日前から食事出来なくなったけど、マロンは強い子だから頑張ってくれると思い、その夜も一緒に、、、
しかし、息づかいはハァハァと変わらずの状況でとても辛そう、翌日、病院に行こうと思って、マロン励まし声を
かけながら一緒に、寝てましたが、20日の夜中、2時頃には、息も凄く荒くなり、目もうつろ、そして、
歯茎を見ると白く、貧血状態に舌の色も、陥っているようでした。その瞬間、自分は、脾臓が破裂したか、
出血が進んでいるんではなかと認識しました。

マロンは、苦しいのか、ベランダ、玄関、廊下を移動しながら楽に寝れるところを探していました。

朝が近づき、マロンは私の横に歩いてきて、ハァハァと言って寝てました。何も出来ず、ただ、
「もう少しで病院行けるから、、」「先生に治してもらえるからがんばろ」と言葉をかけながら、
ただ、撫でてあげるだけしかできませんでした。
マロンは、私がトイレに離れるだでも、不安な顔をして見ていた覚えがあります。
水もまったく飲めず、、、ただ、はぁはぁはぁと荒い息遣い、、何もしてあげられない自分がもどかしく、
早く時間がたって、病院に行けることを祈るだでした。

朝、6時半にさしかかるころ、私の傍から立ちあがり、走るように歩きテーブルの裏に隠れるように
座りこみ、一度だけ「キャン」と泣きました。

傍にかけよると、息が弱くなっていて、ゆっくりと はぁ、はぁ、と大きく息を吸ってました。

私とマロンママは、「これまで、ありがとう、もう、無理しないでいいよ、これまで、楽しかったよ、ありがとう。」
「マロン、一緒に暮らせて幸せだったよ、」と話しかけました。


”キャン”と泣いたのはお別れの挨拶だったのかな? 


マロンは、余命3日と言われながら、5週間も頑張ってくれました。飼い主に覚悟という時間をくれました。

いつまでも家の子です。ありがとう。



スポンサーサイト
  •   19, 2017 22:59
  •  0
  •  0

COMMENT - 0

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。